感動メモ

感想とプレイ日記とときどき雑記

ソシャゲに課金するのは疲れてるから

 私は2015年秋から2016年末までソシャゲに夢中になっていた。アイドルものだったんで「推しのため」とそれはそれはガチャを回した。自分的にはかなりの課金額だった。

 2016年秋ごろになるとソシャゲ疲れしつつあったけどそれでも続けた。推しのためだ。

 

 2017年1月、たまたまコンシューマーゲームにハマった。

 久しぶりにやったコンシューマーゲームは楽しかった。課金要素がないDSのゲームだったから追加料金がかかることもない。やり込み要素があるからソシャゲよりずっと安い値段でずっと長く楽しめた。体力の自然回復に縛られないこととコンコルドなんちゃらに陥らないことが本当に楽だった。

 それからソシャゲ離れして、以前のように漫画読んだり小説読んだり映画見たりするようになった。どれも気軽に楽しめた。

 2017年秋にはまたソシャゲにハマったけど、ソシャゲはソシャゲでもあのテニプリのソシャゲ(テニラビ)だ。原作の続き買ったりアニメの円盤レンタルしたりと忙しかったし、テニラビは課金すればするほど有利になるわけじゃなかったから無課金で済んだ。

 

 なのにまたガチャを回した。無課金を貫くこと数ヶ月、ついに課金してしまった。

 あんなに本読んだり映画見たりしたほうがいいと思ったのになんでまた回してしまったのか。疲れてたからだ。疲れてるところにすごく綺麗なイラストのカードが出てきた。

 桜の手塚国光があんまりにも美しかったんでこう、つい、ぽちっとしてしまった。ジューンブライド柳蓮二もずるかった。

 

 本読んだり映画見たりしたほうがよっぽど有意義だけど、これらはカタルシスを得るまでに時間がかかるし体力もいる。

 対して、ソシャゲのガチャは大金はかかるけどスマホをちょっとタップしただけでものすごくテンションあがる(当たれば)。

 疲れてるときに気持ちよくなりたいならガチャ回すほうがずっと楽だ。ただ、あんまり深追いしないように気を付けたい。