感動メモ

感想とプレイ日記とときどき雑記

くるみ亮「私を笑わないで」アフターストーリー:09(最終話)まで読んだ感想

「私を笑わないで」アフターストーリーを最終話まで読みました!

 今回は愛莉が主役の恋愛ストーリーです。琉衣さんか、森口さんか。ちなみに私は01の時点では琉衣さん派でした。

 以下、ネタバレありの感想です。批判的な意見も含みます。

 

 最初は琉衣さん派だったけど、でもちょっと待って! 途中から小さな違和感を覚えた。だって琉衣さん、愛莉を口説く手口がまるで透夜のよう。ホストとして貢いだり遊んだりするなら楽しそうだけど、彼氏としては軽すぎるかな……。申し訳ないけど透夜の二の舞になる予感がした。ならずに済んだけど。

 グイグイ来るまでは本当にかっこよかった。じいちゃんばあちゃんっ子っぽいところも意外で可愛い。愛莉もFFDのこと知ってる相手だから楽だったのかな。寝落ち出来るくらいリラックスしてたし、ホストみたいにぐいぐい来ないでちゃんと本名名乗ってれば……と思わずにはいられない。

 

 荒木さん*1が出てきたあたりから不穏な空気に。愛莉が琉衣さんにも森口さんにも手作り菓子を渡すものだからこれは一悶着ありそうだな~と思ったらやっぱりありました。

 人としてダメ、から始まるあの展開が始まってしまった。この展開には本当にモヤモヤする。しかも今回は彼氏候補の森口さんが当事者だから余計にモヤモヤ。

「私を笑わないで」のいい人ってとことんいい人なんだよね。逆に怪しいと思うくらい人がよく、物語に深く関わる。対して、嫌な人は嫌なことするためだけに生まれてきたような人で、この人たちは役目を終えると退場してしまう。この両者がぶつかると、どうあがいても後者が不利で前者が一方的に喋る形になるので、内容はどうあれ極論に聞こえてしまうのだ。ひかりと愛莉、ひかりと高岩君、愛莉と透夜、のような主要人物同士の衝突は自然に起こっているだけにかなり浮いて見える。ここだけご都合主義っぽいというか。

 愛莉は最終的に森口さんとくっついたけど、まあ手放しには喜べなかった。森口さんは部屋に呼ばれたからって簡単に手を出さないし、細かい気配りが出来るいい人なんだけど、人としてダメを論破するキャラにはしてほしくなかった。

 

 琉衣さんは完全に勝ち目はなくなり、愛莉は森口さんを目で追うように。愛莉の葛藤は凄まじかった。ワガママと甘えるの境界線って難しい。

 意外なのは透夜と琉衣さんの再会だ。透夜ちょっと可哀想だったんで、立ち直れるといいね……。琉衣さんには手厳しくしてほしいと思う。ところでこの二人の本名って結局なんだったんだろう。透夜はそのまんまな気がする。琉衣さんはもう琉衣さんでいいや。

 葛藤ばかりの中で、ひかりと愛莉が料理したり食事してるシーンが癒しだった。

*1:愛莉の勤務先の新人さん

名探偵コナンの感想その4

・組織うんぬん

 赤と黒のクラッシュすごかった……。赤井秀一がなんか、こう、大人の色気があった。殺されてしまって私は悲しい。

 ジンは1話でジェットコースター乗ってたせいかお茶目なキャラだと思いがちだけど、やっぱり強敵なんだよねぇ。ところどころで恐怖を感じる。1話でジェットコースター乗ってたけど。

 あとウォッカ。ジンと二人で車に乗ってるイメージが強すぎてバイク乗ってるのが意外だった。

 OP「愛は暗闇の中で」がかっこよい。

 

・バーボン編

 現在バーボン編を見ているところです。火傷の男が出てきた。沖矢昴も怪しいけど火傷の男も怪しい。いったい誰がバーボンなのか(茶番)。

 

・本庁の刑事恋物語シリーズ

 組織絡みの重要なエピソードの他に追いかけてる話です。

 高木刑事は無事に佐藤さんとくっついた。おめでとう!

 二人がモダモダしてる間は憎たらしかった白鳥警部だけど佐藤さんから手を引いてからはなんだか可愛げを感じるように。切り替え早すぎて清々しい。小林先生との間に誤解が生じてからはもどかしすぎて別の意味で憎たらしかった。誤解とけてよかったね白鳥警部。

 今は千葉刑事の恋物語が始まったところです。高木×佐藤エピソードに出てくる刑事たちの中で数少ない良心だったから幸せになってほしい……。

 

・劇場版

 劇場版もいくつか見ました。

戦慄の楽譜」が特にお気に入りです。ホールの外は爆発騒ぎなのに、誰もそんなこと気付かないで音楽に夢中な様が異質だけど神聖だった。あのシーンの観客になりたい。

天空の難破船」は服部とキッドがコナンにこき使われるさまがなんだか愉快で面白い。殺人じゃなくて細菌で人がパニックになる光景が衝撃的。

 

・その他

 コナンを追いかけていると時代の波に揉まれている感じがすごくします。Huluで見てるのはガラケーが珍しい時代の話だけどコミックス最新刊はスマホでラインしてる。

 あと紙の保険証。携帯電話云々はよくネタに上がるからそんなに驚かないけど昔の保険証はめったに話題にならないから懐かしすぎて変な声でた。

ブログ始めてから1年経ちました

 ブログを始めてから1年が経ちました。

 ブログやサイトは何度も作ったことがあるけど、どれも半年も持ってなかったので今回も3か月続けばいいかな~と思っていました。事実、更新しない期間があった。

 でもはてなブログって「ブログ開設してから○年が経ちました」ってメールをくださる。半年経ったよメールが来たときは嬉しくて、続けてみる気になった。

 1年経ったよメールも届いたので記念に更新です。

 ついでにブログの行間を狭くしました(PC版のみ)。最近文章力が低下しているのでリハビリしていきたい。

個人サイトの思い出

 インターネット懐古厨のぼやきだから適当に読んでほしい。

 

 個人サイトが好きだった。管理人の作ったページに管理人の作品だけが並べられている様はワクワクするものがあった。

 投稿サイトが大きな図書館なら、個人サイトは誰かの引き出しの中だ。勝手に覗き見る背徳感がある。

 誰かの引き出しなのでページのレイアウトだけでも楽しめた。大きな画像で飾る人、小さな画像をワンポイントにする人、きっちりしてる人、細かいことは気にしない人……みんな違ってみんな良い。

 ツイッターで個人サイトに戻ろうぜ!みたいな流れになるたびに、またあのワクワクを味わえるのかと期待してしまう。(反応のされやすさ、管理のしやすさからして投稿サイトが廃れて再び個人サイトが盛んになるのは厳しそうだが。)

 

 100の質問とか楽しかった。今はツイッターで「RT・いいねされた数だけ質問に答える」ってタグがあるんだけど、私あれRTかいいねされなくても勝手に答えたくなる。

 キャラクターに質問するものも好きだったな。好きなカップルに恥ずかしい質問するのとかね。また流行ったら面白いな。

 意外と気になるのが「必読」だ。自衛のために読むのはもちろんのこと、必要最低限のことしか書いてないとここの管理人は作品を載せることにしか興味ないのかもって思うし、しないでほしいことがいっぱい書いてあるとそこの管理人の苦労が垣間見えた。

 

 あとHTMLいじりが楽しい。サイト作りたいけど載せるものがないってこと、最近よくある。

名探偵コナンの感想その3

黒の組織から来た女 大学教授殺人事件(129)

 初登場回の灰原さん可愛かった。拳銃発砲した彼女を目暮警部が怒るんだけど、そしたら灰原さん泣いちゃった。

 この子いっつもクールだな~って思ってたけど猫被ってた時期があったんだなぁ。

 

・本庁の刑事恋物語(146-147)

 初期の高木刑事はなんだかハンサムに見えたけど146-147くらいからだんだん茶目っ気が出てきました。まだ佐藤さんと何も起こってない。ガンバレ!

 

・園子のアブない夏物語(153-154)

 今回園子は本気で殺されるんじゃないかと思った。蘭がそばにいる限り絶対大丈夫な気がした。蘭ねーちゃんやっぱ最強だわ。京極さんもカッコイイ……。園子はなんだか憎めないキャラ。

 

・劇場版

 Huluで追いかけてるコナンですが、劇場版は期間限定っぽい。ゼロの執行人だけが限定かと思ってかなーり油断してた。

 ってことでまず「異次元の狙撃手」と「ベイカー街の亡霊」を見ました。

 たまご型のカプセルがくるくるしてるやつあったよな~と探したらベイカー街~のワンシーンだったようです。ゲームの世界に閉じ込められるって設定と共に覚えてたけど真犯人は全然覚えてなかった。長いことうろ覚えのままだったので見れて嬉しい。あとこの話、オリジナルキャラが全体的に濃い。光彦にそっくりな狂言者の息子がお気に入り。

 異次元の~の沖矢さんは世良ちゃん撃った犯人に怒ってますね。静かに激怒する沖矢さんかっこよかった。

 CV桑島法子が歌手してたのも見たい。あれもたしか劇場版だったはず。